上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.05.07


昨日、厨房をつるつるに磨いてきたし、今日は布団をぜんぶ干して、シーツもカバーも毛布もぜんぶ洗った。

街に買い物に出たら、ばっちりほしかったものが買えて、チャリが気持ちよくて、お風呂につかって、さよりにもらったかわいい寝巻き着て、ボブマーリーのレジェンド流して、干したての布団にごろんところがったら、何もかも忘れてしまいそうなぐらいばっちりな気分。今。



「今。この瞬間」ってなんだろなぁ と考えた。

人間関係で嫌なことがあって、その感覚を感じた瞬間に、最善を尽くす。
そうするべきなのを、流して流してきてしまうんだなぁ、わたしは。いや、それをそのときの自分が最善だと思うのならいいと思うんやけど。
でも、多分、わたしの場合は、流すことは、「今」から逃げてたって気がする。
結局、溜まって、溜まって、どうしようもなくなって・・・

乗り越えなあかん壁が、今、まさに。

冷静に感じると、乗り越えたものも、ある。
前よりは、自分や相手、物事に、リアルに向き合えるようにはなっているんじゃなかろうか。

これをクリアしないと、この次元から抜け出られない。

わたしは、一刻も早く、目覚めたい。



土地に呼ばれる、という感覚。

それはちがいました。
土地じゃなくて、人に呼ばれてたんではなかろうか。

思い返せば、その土地土地を出るとき、わだかまりがあった。
浅はかだなぁ。と思います。ほんまに。
逃げただけ。

でも、後悔みたいのはないんだけども。それってどうなんやろね。笑

九州は、住みたい場所、ではある。

でも、その土地が呼んでる、とか、自然が呼んでる、とか。
そんなのは、妄想だったみたいです。

彼らは、ひたすらありのまま、あるがままに生きている。

でも、ある種の感覚。突き動かされるようなそれは、出会うべき人がいたからだったんだよなぁ、と。

より繊細な、鮮明な感覚を。

疑いたくないからこそ、真っ正面からしつこすぎるぐらいに向き合って、感じたい。感じまくりたい。



そうそう、大家さんの庭の一角で畑をしていいよ、というすてきなお話をいただきました。



とりあえずパクチーの種をばらまこう◯



ありのまま、あるがままで、すべてがスペシャルで。
特別なものなんて、ないんだよな。

みんなちがうけど、みんな同じなんだ。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yukinam.blog74.fc2.com/tb.php/186-2ea26bee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。